花吹雪


2010年最初の失恋
by r2qmw6efwm
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ

米子−名古屋間の航空便存続ピンチ(産経新聞)

 10月末での運航休止が全日空から打診されている米子−名古屋便について、鳥取県の平井伸治知事は7日、運航継続が厳しい状況にあるとの見通しを明らかにした。平井知事は9日、愛知県の副知事とともに東京の全日空本社を訪れて運航継続を要望する。

 運航休止の打診は搭乗率の低迷などを理由に3月10日にあり、県は同16日、藤井喜臣副知事らが米子市や境港市、島根県などの関係者らと全日空を訪れて継続を求めていた。

 同便は昨年4月、それまでの1日2往復が1往復に減便。11月にダイヤが夕方に変更されたことなどから搭乗率が低下し、12月は28・4%に落ち込んでいた。

 ダイヤは県の要望などで1月からやや早まり、利用キャンペーンの展開などもあって、搭乗率は1月30・8%、2月43・3%、3月56・2%と回復している。

 ただ、10月31日での運航休止の場合、全日空から国土交通省への届け出期限が今月30日に迫っていることから、県は運航継続について「楽観はしていない」としている。

【関連記事】
全日空・伊東社長に聞く 国際・国内を一元化 業務や人材の効率化進める
全日空、国内・国際線の一元化で効率化推進
全日空、貨物子会社2社を7月統合
日航、全日空 コスト削減へ小型機導入活発化 高速度・低燃費 搭乗率も改善
出るのは水かお茶…機内サービス“悲しい変化”の中身
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<女児重体>体にあざの3歳児が意識不明 虐待の可能性も(毎日新聞)
母親、虐待隠しか 大阪1歳女児死亡 担当者遠ざける(産経新聞)
期限切れワクチン、確認せず接種=中高生4人に−千葉・袖ケ浦(時事通信)
平沼新党「敬老会みたい」=東国原知事(時事通信)
改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)
[PR]
by r2qmw6efwm | 2010-04-14 11:02
<< <嘉麻市長選>松岡氏が再選 福... 「残念、厳しい」と国民は思う=... >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧