花吹雪


2010年最初の失恋
by r2qmw6efwm
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ

浅田真央、高橋大輔選手ら春の園遊会に(読売新聞)

 宮内庁は、4月15日に東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれる春の園遊会の招待者を発表した。

 天皇、皇后両陛下から招かれるのは、フィギュアスケートの浅田真央選手と高橋大輔選手らバンクーバー五輪のメダリストをはじめ、昨年、紫綬褒章を受章した女優の松坂慶子さん、文化功労者に選ばれた元横綱・大鵬の納谷幸喜さんら約2500人。

両目がピカッと 太陽の塔“爆発” 万博公園でセレモニー(産経新聞)
信濃川不正取水 JR東、水利権再申請(毎日新聞)
<拉致問題>ツイッター利用して情報発信…意見広告7人の会(毎日新聞)
<眞子さま>国際基督教大の入学式に出席(毎日新聞)
「腹案」は米側に説明したのと同じ 岡田氏(産経新聞)
[PR]
# by r2qmw6efwm | 2010-04-05 23:31

「まだ温かかった」虐待2歳児、診察の医師(産経新聞)

 「運ばれてきた子供の体はまだ温かかった」。大阪府門真市で女性(19)の長男(2)が、同居する少年(19)に暴行され死亡した事件で、少年が長男を近くの小児科に連れて行った際の詳細な状況が29日、分かった。小児科医院の医師が産経新聞の取材に応じた。子供を抱え、午前2時半に医師宅のインターホンを鳴らした少年は「子供が動かなくなった。のどにたんをつまらせたようだ」とうその説明をしたが、取り乱した様子ではなかったという。

 医師によると、28日午前2時半ごろ、医院に隣接する自宅のインターホンが鳴り、玄関を開けると、子供を抱きかかえた少年が「子供が動かなくなった」と訴えた。

 電話連絡もないいきなりの訪問は珍しいが、長男は心肺停止状態で一刻を争う状態。一目見ただけで「普通の様子ではない」と分かったという。

 少年は「のどにたんを詰まらせたようだ」とうその説明をしたが、医師は真偽を確かめる間もなく、心臓マッサージや人工呼吸に追われた。体はまだ温かかったが、長男は反応せず、より高度な治療を受けさせるため、救急車に同乗し集中治療室のある救命救急病院まで同行した。

 長男は、かぜなどの症状で過去に数回、この医院で受診したことがあったが、その際には虐待を疑わせるような傷には気がつかなかった。

 少年の印象について医師は「とてもおとなしくてまじめ。応対も冷静で感じがよく、取り乱す様子はなかった。虐待をしていそうな感じではなかった」と話した。

 門真署は同日、長男を司法解剖した結果、死因は胸を殴られたために内出血が起き、脳に酸素が行き渡らなくなる低酸素脳症だったと発表した。

【関連記事】
門真の2歳児虐待 母も認識?少年問いつめる
2歳児死亡事件 同居女性の不在時に虐待か
門真で2歳男児死亡 同居の19歳少年を逮捕
「夫の暴力怖くて…」責任なすり合い、親らしい姿最後までなく 2歳長男虐待死
「まま ずうっとすき」継母はなぜ虐待したのか

<千葉佐那>ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増(毎日新聞)
米医療保険改革を評価=長妻厚労相(時事通信)
「サプリ」「健康食品」 子どもの1割が使用している(J-CASTニュース)
年金詐取し上納 弘道会系組長ら再逮捕(産経新聞)
明石歩道橋事故 検察官役の指定弁護士が遺族と面会(産経新聞)
[PR]
# by r2qmw6efwm | 2010-04-01 04:13

免状不実記載の疑い 埼玉県警が革マル派活動家を逮捕(産経新聞)

 埼玉県警公安3課と鹿児島県警などは26日、免状不実記載の疑いで革マル派活動家の徳永国利容疑者(68)=鶴ケ島市脚折町=を逮捕するとともに、活動拠点の「東京工芸社」など8カ所を家宅捜索し、革マル派の機関紙やメモなど134点を押収した。公安3課によると、徳永容疑者は黙秘しているという。

 公安3課の調べでは、徳永容疑者は平成21年6月19日、鹿児島市の鹿児島県警本部交通部免許管理課で、運転免許証を更新申請した際、実際には住んでいない住所を記載した申請書類を提出し、免許証に事実でない記載をさせた疑いが持たれている。

【関連記事】
免状不実記載などの疑い 北海道警が山口組系暴力団会長を逮捕
週刊現代の「JR東労組」記事で講談社に賠償命令
早大当局VS革マル派 元総長の12年戦争
あれから、15年 地下鉄サリン事件

給付の“逆転”なぜ? 国民年金より高い生活保護(産経新聞)
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)
<不正経理>神奈川2副知事を更迭 松沢知事(毎日新聞)
足利事件再審無罪 菅家さん「感無量」 逮捕から6689日「自由」(産経新聞)
次期首相のトップは舛添氏(産経新聞)
[PR]
# by r2qmw6efwm | 2010-03-30 01:00

乳児揺さぶり殺害、孤立した育児「ひとごととは」(読売新聞)

 生後2か月の長女を揺さぶって脳に損傷を与えて殺害したとして武中明日香容疑者(24)(堺市中区)が殺人容疑で大阪府警に逮捕された事件では、背景に出産直後の母親の孤独感と疎外感が浮かんでいる。

 昨年8月に開かれた出産準備のためのマタニティー教室で一緒だったという20歳代女性は、読売新聞に寄せたメールで、おなかの赤ちゃんを気遣っていた武中容疑者の当時の様子と事件の落差に驚く一方、孤独な育児に不安を募らせる母親たちの現状を訴えた。

 ◆叫び◆

 女性によると、武中容疑者は人に積極的に話しかけるタイプではなかったが、声を掛けると、愛想良く言葉を返した。「頻繁におなかが張るけど(赤ちゃんは)大丈夫やろか」と気にかけ、親子のきずなの大切さを訴える講師の話を涙して聞いていたという。

 それだけに事件を知って、女性は<なんで連絡先を交換しなかったんやろう?><救える命があったかも>と後悔をつづった。

 さらに〈私も初めての子育てでくたくたの毎日〉〈トイレにも行けない。30分でいいから一息つける時間が持てたら……。そんな母親はいっぱいいます〉と記し、〈母親の人間的な未熟さも原因の一つでしょう。でも、妊娠・出産でホルモンバランスは崩れ、精神的にもろくなっているのを忘れないで〉と訴えた。

 「ひとごととは思えない」。事件を受け、堺市内の子育てサークルに参加している複数の母親は読売新聞の取材にそう答えた。1歳の長女を持つ同市南区の女性(32)は友人との雑談で発散しているが、「話し相手がいなければ、すべてを抱え込み、ノイローゼになっていてもおかしくない」と打ち明けた。

 ◆ストレス◆

 育児ストレスの要因について、2003年度版の厚生労働白書は、▽少子化による育児経験の不足▽出産に伴う仕事や体調など生活の変化▽夫の育児不参加▽近隣との関係の希薄化――などを挙げ、出産後の母親について「産後うつ病が発症しやすい時期で、体の変化がもたらすストレスにも留意が必要」とし、「強い育児不安は児童虐待発生のリスクを高める」と注意を呼びかけている。国は昨年4月、生後4か月までの乳児がいる家庭に保健師らが訪問する事業を法制化し、市町村に努力義務を課した。

 武中容疑者も出産直後の昨年12月に堺市の訪問を受けていた。問題なし、とされたが、約1か月後の今年1月22日、自ら市中保健センターを訪れ「娘をたたいてしまう」と訴えた。「(親などは)遠くて頼りにくい」と話し、孤立した育児環境をにじませていたという。長女はその3日後に揺さぶられて死亡。武中容疑者は今月16日に逮捕された。

 府警の調べに「夜も眠れないほど子育てに疲れていた」「夫が育児を手伝ってくれない」などと供述した。

平均風速、全国26地点で観測史上最大(読売新聞)
救急搬送 ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
東名64キロ、関越50キロ 3連休最終日に激しい渋滞 (産経新聞)
神奈川の海水浴場、禁煙条例が可決(産経新聞)
KYB、臼井専務が社長に昇格(レスポンス)
[PR]
# by r2qmw6efwm | 2010-03-27 17:00

運航2社の統合も=仙谷戦略相−宇高航路存廃問題(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は20日、岡山県玉野市の宇野港と高松市の高松港を結ぶ「宇高航路」の存廃問題に関し、同航路で運航するフェリー2社について「統合してできるだけコストがかからないようにしながら、船の便益を残してほしい」と述べ、経営統合を検討するよう求めた。
 その上で、仙谷担当相は「どうしても(船便が)残せないならば、公的な助成を考えていく必要があるだろう」との考えを示した。宇野港に向かうフェリー上で記者団に語った。 

【関連ニュース】
4事業の子会社を合併=MS&AD、4月から
中国での独禁法認可取得=NECエレとルネサス
万有製薬、新会社名を「MSD」に変更=シェリングとの経営統合で
大丸松坂屋、1日に発足=統合完了、百貨店改革を加速-Jフロント
三菱UFJ社長に永易氏=会長に沖原氏

公益法人への負担金見直しを=事業仕分け、行政刷新相と会談−橋下知事(時事通信)
水俣病和解案、熊本知事も受け入れ正式表明(読売新聞)
SOPHIAがライブ活動休止(時事通信)
ツイッター界、ニセ首相騒動も…認証追いつかず(読売新聞)
看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ=京大病院インスリン投与−府警(時事通信)
[PR]
# by r2qmw6efwm | 2010-03-26 10:25


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧